もう冷凍パンをパサパサにしない!パンを美味しくする冷凍&解凍のひと手間

こんにちは^^

超低糖質ブランパンを販売する

Switchのブログ担当チキです。

 

さて、いきなりですが

みなさん、

食べきれずに余ってしまったパンは

どうやって保存していますか?

 

そのまま置いておくと

どうしても乾燥してきちゃいますし、

冷凍して保存しておく

って方も多いのではないでしょうか。

 

でも冷凍パンを焼いてみたら…

なんだか買った時よりパサパサしてる…?

 

もちもち食感が美味しいパン、

パサパサしてしまうと美味しさも半減です。

 

 

冷凍パンがパサパサになってしまう理由と、

解凍後でも焼き立てのようなもちもち食感を味わえる

ひと工夫もご紹介します◎

食べきれないパンは「冷凍保存」で長持ち♪

パンは意外と賞味期限が短いので、

何も考えずにチマチマ食べてしまうと

いつの間にか賞味期限切れになってしまったりも。

 

賞味期限が過ぎても一応食べられるとはいえ、

「美味しく食べられる時期」

あっという間に過ぎ去ってしまうのです…。

 

そんなパンを出来るだけ長持ちさせたいなら、

冷凍保存がオススメ!

 

ほとんどの食材は

冷凍庫に入れておけばだいたい美味しさが長持ちしますが、

パンだって例外ではない◎

 

「冷蔵」はオススメしません!

冷凍がオススメなら冷蔵も…

と思いきや、

パンの保存に冷蔵はNG。

パンにはデンプンが含まれていますが、

デンプンは0℃~4℃あたりの温度が一番劣化しやすいのです。

 

冷蔵庫はまさにそのあたりの温度なので、

パンが劣化しやすい環境と言えます。

 

パンは短期間なら常温、長期間なら冷凍で保存をしましょう◎

 

※あとで紹介していますが、

自然解凍の為に一時的に冷蔵庫に入れておく

というのは問題ありません^^

 

…ただし、オススメとは言いましたが

パンの冷凍保存にはメリットデメリットがあります。

 

適当にパンを冷凍庫に放り込んで、

知らず知らずのうちにパッサパサのマズいパンを量産していませんか…?

パンを冷凍するメリット

美味しさが長持ち!

具材や種類にもよりますが、

パンは基本的には賞味期限が短い食品

 

スーパーやコンビニのものでも長くて数日、

パン屋さんで買えば当日中というものも珍しくありません。

 

賞味期限は「美味しく食べられる期間」、

消費期限は「安全に食べられる期間」を表しています。

賞味期限は消費期限と違い、

過ぎてしまっても食べられますが、

せっかくの美味しさが失われてしまう可能性も。

 

常温では賞味期限の短いパンですが、

冷凍保存することでその美味しさを保つことができます◎

 

ただし、賞味期限が切れてしまう前に冷凍保存しましょう!

賞味期限が切れてしまってから冷凍しても、

失った「美味しい期間」は戻ってきません。

気が向いた時にパンが食べられる!

急にものすごくパンを食べたくなる時、

ありますよね(笑

 

でも、毎日パンを食べる習慣がないと

「急に食べたくなる時」の為だけに

賞味期限の短いパンを家にストックしておくのは難しかったり。

 

そんな時に、冷凍しておいたパンがあれば

解凍するだけでお手軽にパンを楽しむことができます。

 

何かと忙しい朝ごはんにもピッタリ◎

カビが生えにくくなる!

あとで食べようと思ってとっておいたパンにカビが生えてる…!!

 

長時間放置したわけでもなく、

たった数日置いておいただけでも

パン全体をカビが覆っている事があります。

ゾッとする瞬間(汗)

 

実はパンって、カビにとって最高のご馳走なんだとか。

適度に水分があって、大好物の糖分も豊富。

なので、あっという間に大繁殖してしまうんですね。

 

冷凍保存する事によって、

カビの繁殖を抑えることができます。

 

もちろん、カビが生える前に冷凍する事が大事ですよ◎

 

カビが生えたところだけ削って食べる…なんて人もいますが、

一度カビが生えたパンは食べてはいけません!

 

 

キレイに見える部分も、

菌糸(カビの根っこみたいなもの)だらけ。

ほんのちょっとでもカビが生えたパンは、もはやキレイな部分はない

と思ってください。

 

また、

同じ袋に入っていたパンにもカビの胞子が大量に付着している可能性が。。

もったいないけど捨てるようにしましょう。

パンを冷凍するデメリット

いざ食べようと思ったらパッサパサ…

パンを冷凍しておけば

確かに美味しさを保てるんですが、

場合によってはパッサパサで

とても美味しいとは言えない状態になってしまう事も。

 

冷凍パンが乾燥してパサパサになってしまう事を

「冷凍焼け」と言います。

 

  • 間違った方法で冷凍してしまう
  • 長期間(2週間以上)冷凍保存してしまう
  • 冷凍庫を頻繁に開け閉めする

…といった事が原因。

 

後で書きますが、

ちゃんと正しい方法で冷凍すれば防ぐ事ができます◎

中までちゃんと焼けてない…

食べようと思ってトースターや電子レンジでチン。

…したのは良いけど、

中までちゃんと焼けてない~っ!

 

冷凍すればもちろん中までコチコチなので、

外側の熱が中まで伝わらない事があるんです。

 

中は生焼けなのに、

外側は美味しそうな良い色に焼けてたりするので、

追加で焼くとコゲちゃいそうで難しい…。

 

我慢してちょっと冷たいまま食べるか、

追加で焼いてコゲコゲになったのを食べるか、

悩ましいところです。

冷凍保存に向かないパンもある…

パンの種類によっては、

冷凍保存しただけで即効マズくなってしまうものも。

 

基本的に

シンプルなパン(食パンなど)は問題ありませんが、

総菜パンや菓子パンなどは注意しましょう。

 

冷凍OK!なパン
  • シンプルなパン(食パン、フランスパンなど)
  • クロワッサン
  • デニッシュ系
  • 焼きそばパン
  • ソーセージパン
  • 揚げ物系パン
  • クリームパン、メロンパン、アンパンなど菓子パン
冷凍NG…なパン
  • じゃがいもを”そのまま”使っているパン
    ⇒ポテトサラダやマッシュポテトになっていれば問題なし
  • 水分が多い具材のパン
    ⇒レタスやトマト、一部のフルーツなどは冷凍すると水分が出てしまう
  • マヨネーズを使ったパン
    ⇒マヨネーズは冷凍すると分離し、風味が落ちる(マズくなる)

ひと手間かけて冷凍パンをパサパサにしない!

メリットもあるけど、

デメリットもあるパンの冷凍。

 

なので、どうしても

冷凍パン=パサパサで美味しくない

なんてイメージが強い人も多いかもしれませんね。

 

でも、

ひと手間かけてあげれば

パンの美味しさがぐーんと長持ちするんです◎

美味しい「冷凍」方法①:買ってきたらすぐ冷凍する

すぐに食べきれないとわかっている場合には、

買ってきたその日のうちに冷凍しちゃいましょう。

 

常温で置いておく時間が長いほど

パンの風味は失われていきます。

 

買ってきたばかりのパンはもちろん美味しい◎

すぐに冷凍する事で、

その美味しさを長持ちさせることができます。

美味しい「冷凍」方法②:1食分(1枚)ずつラップに包む

食パンを何枚も重ねたまま冷凍していませんか?

 

パンは空気に触れると酸化してしまい、

風味がガクッと落ちてしまいます。

 

できるだけ空気に触れないよう、

食パンなら1枚ずつ、

他のパンでも1食分ずつ、

小分けにしてからラップで包んで冷凍しましょう◎

 

 

大きなパンも、

できるだけ1食分ずつにスライスしておくとGood!

↑食べる時にも便利です^^

 

ラップで包んだ上に、

更にジップロックなどで密封するとなお効果的◎

密封効果がアップする上に、

冷凍庫の臭いがパンに移るのを防止できます。

美味しい「冷凍」方法③:温度変化をできるだけおさえる

冷蔵庫ももちろんそうですが、

冷凍庫も開け閉めする事によって

温度が大きく変化します。

 

急激な温度変化は冷凍焼けの原因に。

 

冷凍庫を開ける⇒温度が上がる⇒パンの水分が抜ける

冷凍庫を閉める⇒温度が下がる⇒その水分が霜になる

 

この繰り返しが、

パンの美味しさを大きく損なってしまうのです。

 

冷凍庫の開け閉めを少なくするのはもちろん、

温度変化が比較的少ない

冷凍庫の奥の方にしまっておくのもポイントです◎

美味しい「解凍」方法①:冷蔵庫or常温でゆっくり自然解凍

電子レンジやトースターで焼かず、

生のような食感で楽しみたい時にピッタリの方法◎

 

冷凍したパンは

自然解凍する事で焼かなくても食べられます。

 

朝ごはんに食べたいなら

寝る前に冷蔵庫にいれておけばOK!

常温なら2~3時間くらいで解凍できるので、

お急ぎの時は常温で^^

 

もちろん、

自然解凍したあとにトーストにしても◎

↑こうする事で、

外だけコゲコゲ、中はヒンヤリ、、、なんて事もなくなります。

美味しい「解凍」方法②:焼く前に霧吹きで水をかける

特に食パンなどパサパサになりやすいパンや、

バゲットなど水分が少ないパンなどは、

電子レンジやトースターなどで焼く前に

霧吹きなどで湿らせるとGood!

 

冷凍によって失った水分を霧吹きで補う事で、

もちもち食感を取り戻せます^^

 

パンの状態やお好みにもよりますが、

だいたい片面を1、2回ずつシュッシュッてすれば十分ですよ^^

↑やりすぎるとベチョベチョになるので注意。。

 

 

霧吹きは清潔なものを使いましょう。

もちろん、中身の水も新鮮でキレイなものを。

霧吹きは買ってきてそのまま使うのではなく、

しっかりと食器用洗剤で洗ってから使うと安心◎

美味しい「解凍」方法③:「温めておいたトースター」で「高温で一気に」焼く!

パンを焼く前に、

ぜひトースターを温めておきましょう!

 

あらかじめ温めておく事で、

トースターをオンにしてから温まるまでの間に

パンの水分がドンドン蒸発していってしまうのを

防ぐことができるんです。

 

それに、パンの内部まで熱が伝わりやすくなるので、

焼きムラも防止できちゃいます。

 

「低温」で「長時間」温めない事が

外はサクサク・中はもちもちなパンに焼き上げるコツ◎

 

トースターの温度も、

低温でダラダラ焼くのではなく、

高温で一気に焼くのがポイントです^^

それでもパサパサになっちゃったら…

「色々試してみたけど、どうしてもパサパサ…」

「冷凍してからかなり時間が経っちゃった…」

 

そんなパンも捨てるにはもったいない。

パサパサでも気にならないような料理に使ってしまいましょう♪

 

フレンチトーストに

牛乳や卵などの液体に浸すので、

水分がなくなったパサパサパンでも問題なし!

しっとり美味しく食べられます。

クルトンに

小さく切ってからトーストすれば簡単クルトンに!

スープに浮かべたりサラダにかけると美味しい^^

生パン粉に

凍ったままミキサーにかければ生パン粉に◎

市販のパン粉と同じように、

フライの衣として・ハンバーグなどのつなぎとして

使う事ができますよ^^

Switchのパンは冷凍…だけど、ひと手間なくてももっちもち!

Switchのブランパンは冷凍してお届けしています。

 

ここで残念なお知らせです。

Switchのブランパンには

今までお伝えしてきた「ひと手間」は必要ありません。

 

 

何故なら、

ひと手間かけなくてもしっとりもちもちに解凍できるから!

ブランパンにありがちなボソボソとした食感もありません。

ブランってなに?

 

Switchの高加水杵つき製法で作るパンは、

水分をたっぷり含んでいるので

しっとりもちもちでキメ細かい食感が特長。

 

 

しかも出来たてをカットしてそのまま冷凍してお届けするので、

電子レンジやトースターで解凍するだけで

出来たての風味や食感をお楽しみいただけます♪

 

霧吹きしなくてももちもちなSwitchのブランパン、

ぜひお召し上がりください*

今注目のブランパンSwitchとは